スマホで漫画を読むときの対策

コミックの日というのを私は決めています。月に数回休みの日があるけど、コミックを一日楽しむ日は前もって決めています。この日の為に仕事を頑張っているような感じ。

 

先日がその日だったのですが、朝からずっとスマホコミックで漫画ばかり読んでたので目の疲労が激しい。あまりにも目の疲れがひどいので、次からは「ブルーライト対策」を考えています。

 

スマホコミックを読むということはスマホの画面をずっと見ていることになりますので、やはり何かしら対策はしないとね。また登録サイト数も増えてきたので、ちょっと減らしたいと思っています。

 

コミックのアプリについては、自分は使いやすさ重視なので使いづらいアプリは削除しようと思っていますが、ポイントが中途半端に残っているのが多いのです。

 

なのでなかなか会員削除というのが出来ない。会員をやめる場合はポイントを気にしないほうがいいのかもしれないです。

年貢の納め時の意味

よく耳にする「年貢の納め時」は映画やドラマなどいろいろなところで使われています。小説やマンガでも見かける言葉ですね。

 

昔から使われている言葉ですのでつい聞き流してしまいますが、「年貢の納め時」とはいったいどんな意味を持っているのでしょうか。

 

「なんとなく意味はわかるけど説明しろと言われたらできない」そういう人は意外と多いのではないかと思います。

 

まずは年貢についてですが、年貢とは今でいう「税金」のようなものです。もっと正確に言うのなら「貢租」ですね。

 

昔は今ほど豊かな生活はできておらず、年貢が納められないことも多々あったと言われています。

 

そのため「年貢の納め時」とは「滞納を清算する」という意味を持っています。悪事を働いた人間が罰を受ける時によく使われていますが、“清算する”から転じて物事を諦める時にも使うようになりました。

 

なお、年貢の納め時とは「ことわざ」のひとつです。覚えておくと物語がより面白くなるので損はしないでしょう。

 

ことわざには過去の風習や、かつての日本の時代風景がよく表れています。少し調べてみると面白いことがわかるため、興味があるならもっと見てみてはいかがでしょうか。